うなぎにぎにぎ

「うなぎを食べた」

 

ボクは、このブログの文章を子どもたちが寝静まった、23時頃から書き始めるのだが、今日はやたらと『うなぎ』のことを書きたいと思って、パソコンのメモに「うなぎを食べた」と書いたままだった。

 

出だしを書いたはいいが、「うなぎ」についてなにを語ろう。

 

今日は、土用の丑の日だったので、夕食に『うなぎ』をたべたのだが。

 

 

 

 

 

『うなぎ』って、やはり特別感ある。

 

今日は『うなぎ』だよ。と言われただけで、テンションが5くらい上がる。食べる前から『うなぎ』をイメージして、よだれがでてしまう。

 

そんな『うなぎ』だが、よく「精がつく食べ物」と言われますよね。うなぎをたべて熱い夏をのりきろう!的なキャンペーンをどこのスーパーもやっています。

 

 

 

 

うなぎは栄養満点!ということもあると思うのですが、ぼくの説は、「今日は『うなぎ』よ」と言われて、テンションがちょっと上がる。

 

特別感がある。うれしい!うなぎを食べたら明日から頑張れる!

 

そう気持ちがあがる、メンタル面の精もあると思うのです(メンタル面の精ってなんだ笑)

 

 

 

 

ボクは今日『うなぎ』を食べたので、

元気モリモリ。

 

この夏もバッチリ!

 

なんでもきやがれ!

 

なんて強気になっているところなのです。

 

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

「わかるぅ~」「いい話ぃ~」「ためになるぅ~」と思った方は、シェアお願いします!(シェアしてもらえたら踊りたくなるほど嬉しいです♪てか踊ります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

しもじおさむ

Webデザイナー 人間関係やお金についてなど、「幸せなデザイナーライフとは?」をテーマにブログやSNSで情報を発信中。「自分はダメダメだ」と思っている方に、勇気を与える存在で在りたいと思っている。