もっとも『ありがとう』を贈るべき存在。

「感謝をしよう」と言われると、

つい『相手』に向けてのものだと思ってしまう。

 

周りにいる人達に、感謝をしよう。

 

恵まれている環境に、感謝をしよう。

 

地球に、感謝をしよう。

 

 

 

自分のまわりにある、人・モノ・環境・空気。

 

感謝すべき対象をみつければ、

たーくさんある。

 

そりゃあ、星の数ほど!

 

 

 

けど、

多くの人が、感謝し忘れているものがある。

 

 

それが、『自分』だ。

 

 

 

自分に対しての感謝。

 

あぁ、頑張ってくれて有難う。

 

健康な体でいてくれて有難う。

 

前向きに考えてくれて、有難う。

 

 

 

そして、

過去の自分へ、

 

あのとき行動してくれて有難う。

 

あのときシンドくてもめげずにいてくれて有難う。

 

あのとき失敗してくれて有難う。

 

 

 

『自分』への感謝。

 

それは、周りの人への感謝と同等。

んにゃ、それ以上。

 

大事なこと。

 

 

 

 

忘れてやいまいか、自分への感謝

 

気づいたときにでも、

自分に「ありがとう」を贈ろう

 

 

 

ボクもよく忘れるから、

こうやって書くことで、思い出してる(笑)

 

 

 

 

「わかるぅ~」「いい話ぃ~」「ためになるぅ~」と思った方は、シェアお願いします!(シェアしてもらえたら踊りたくなるほど嬉しいです♪てか踊ります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

しもじおさむ

Webデザイナー 人間関係やお金についてなど、「幸せなデザイナーライフとは?」をテーマにブログやSNSで情報を発信中。「自分はダメダメだ」と思っている方に、勇気を与える存在で在りたいと思っている。