育児の正解?不正解?

育児をしていると、たまに「これは正しいのだろうか」と思う場面にでくわす。

 

先日あったことなのですが、3歳になる長女に、アンパンマンの塗り絵を買ってあげたとき。赤い色鉛筆をもって、ササササーッと超高速で超ザツに色を塗りはじめたことがありました。

 

10ページほどある塗り絵を、1ページ10秒ほどの早さで(笑)

 

せっかく買ってあげたのに、このペースだとあっという間に終わってしまう。

 

だけど・・・ 

 

「あげた塗り絵なんだから、好きにやらせばいいじゃん」

「いやいや、大切にするべきだ」

「塗り絵のやり方を知らないからじゃないか?」

「1ページしっかり塗ってから、次でしょ」

 

 

 

 

その光景をみながら、いろんなことを思いました。横にいた妻が、「大切に塗って!」と注意したものの・・・

 

果たしてコレは正解だったのだろうか?

 

娘のクリエイティビティを邪魔してしまちゃったのではないか?

 

そう思ったのでした。

 

 

 

 

そういった場面が、育児中にいくつもおこります。

 

「ここで叱ったほうがいいのかどうか」

 

「どんな褒め方をしたらいいのだろうか」

 

「悲しむことを言っていないか」

 

 

 

 

考えだしたらキリがありません。

 

そんな状態になったときにボクは、「いやいや子ども達を信じよう」そう思うようにしています。

 

ボクの判断でその場を「叱った」として。

それがトラウマになって、大人になっても覚えている。

となっても。

 

 

うちの子は、人を大切にできる人になっている。

やさしい心をもっている。

日々を笑って暮らせている。

幸せを感じられている。

 

 

 

 

ボクが子どもたちに想う「こうなっていてほしい」状態にはなっているだろう。そう信じよう。と思うのです。

 

そうなってくると、目先の「正解か不正解か」が関係なくなってきます。

 

どっちでもいい。

 

なぜなら、子どもたちはこれからも幸せだし、自分も愛しているからの行動なのだから。

 

 

 

 

そして、極論。

 

大人になってから、自分で自分を癒やすことができるようになる。

 

カウンセリングやセラピーで立ち直れることもできる。

 

自分を再教育できる。

 

 

 

 

だから、大丈夫さ。

 

ボクができることは、目の前の娘たちを愛し、信じること。

 

それだけだよなぁ。。。

 

そんな『原点』をたまに思い出すようにしている。

 

 

 

 

「わかるぅ~」「いい話ぃ~」「ためになるぅ~」と思った方は、シェアお願いします!(シェアしてもらえたら踊りたくなるほど嬉しいです♪てか踊ります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

しもじおさむ

Webデザイナー 人間関係やお金についてなど、「幸せなデザイナーライフとは?」をテーマにブログやSNSで情報を発信中。「自分はダメダメだ」と思っている方に、勇気を与える存在で在りたいと思っている。